信楽焼たぬきと陶芸体験
『信楽陶苑たぬき村』へようこそ!

  • TOP >
  • 信楽焼きについて

信楽焼きについて
たぬき村ランキング

たぬき村の狸の中でもとっても人気者( ^0^ )!!「福々狸」が堂々一位☆
大きな目がかわいらしく、女の子とペアで置かれるお客様も多いですよ。
また、まん丸の狸はとっても福々しく、たくさん福を運んでくれます!
是非、玄関に置いてたくさんの福を迎え入れて下さい!

満願成就狸 近江商人たぬき フクロウ付福狸 福々狸粉引
忍者たぬき 狸庵ひねり狸 金運黄金フクロウ付福々狸 フクロウ付福狸 福熊手狸


たぬきの八相縁喜

狸には八相縁喜というものがあり、八つの縁起があります。

思わざるは悪事災難避けるため用心常に身をまもる笠(思いがけない災難から身を守る)
世渡りは先ず信用が第一ぞ活動常に四通八達(世渡りには信用が第一。)
何事も前後左右に気を配り正しく見つむることを忘れめ(何事も前後左右に気を配り正しく見つめる)
もの事は常に落つきさりながら決断力の大胆をもて(常に沈着冷静にしかし、決断には大胆さが必要である。)
世は広く互いに愛想よく暮し道を以って務めはげまん(常に愛想良く真を以て努める)
金袋 金銭の宝は自由自在なる運用をなせ(金銭を自由自在に使える金運に恵まれるように)
徳利 恵まれし飲食のみにこと足利て徳はひそかに我につけん(飲食には困らず、徳を持てるように努力せよ)
なに事も終わりは大きくしっかりと身を立てるこそ真の幸福(物事の終わりは大きく、しっかりと身を立てることが幸福である。)
イメージ


無事かえる

【伝説】
信楽カエルは奈良時代に大戸の川(おおとがわ)をさかのぼり、紫香楽の里に聖武天皇の御代より生息すると伝えられていて、"福帰る"と呼ばれ、八相を備えている縁起の良い生き物とされています。

ボヤ・吸殻などの火気をパクリ呑み込み、火災予防のお守り。
大きな腹にヘソがなく、落雷予防から守ります。
食物 毒蚊・毒虫を食べ外注撲滅・無病息災。
皮膚 天敵から身を守る保護色は、災難を避けてくれる。
子蛙 常に親は責任を負い、子はしっかりと親に従う。
冬眠 断食・耐寒の期に、心身修養し次なる成功へとつながる。
前足 磐石に備えた脚は威風堂々、礼節を知る。
後足 屈伸活発、待機していざという時は飛躍前進。
イメージ

マメにかえる(交通安全)
金がかえる。若がえる。物がかえる。
引きがえる(客を引く)



福を呼ぶ信楽焼福々浪
梟(フクロウ)は暗闇を自由自在に飛び交うことから不思議な霊力を持った鳥として崇められ、古代より「知性」「学芸」を象徴する神の鳥とされ、今日においても「不苦労」「福来郎」といわれ、幸せを運ぶ鳥として世界中の人々に愛され受け継がれています。

信楽焼の福々浪は大きな幸運の浪(なみ)を招き呼ぶ大人気の縁起物です。
イメージ